アーゴス通信

agosse.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 01日

映画祭販売、無事に終了しました☆

b0216495_14314325.jpg

 湯布院映画祭でのパンの販売、無事に終了いたしました。毎年の事ながら、あの普通の公民館に「こんなにすごい方がいらしてくださるなんて!!」と感じながらの販売です。
毎夏お会いできるご常連の映画好きなお客様・・・変わらぬ笑顔、とっても嬉しかったです。

そして今年は、店長の後輩・私アーゴス女の先輩の白石晃士監督作品も上映され、監督も由布院にいらしてくださいました♪
私はチビ2号が小さいので映画は観れなかったのですが、店長・トミーは楽しんで観て来ました。
白石監督は若者に大人気の監督さんです。でも作品はホラー物なので映画祭常連さん達には刺激的すぎた上映となった模様。(観たかった!!)
久しぶりにお会い出来た白石監督、部活は違ったのですが、同じ埃まみれの学友会棟(目の前がラグビー場)で過ごした日々を想い、なんだかじーーんとしました。これからきっともっともっとご活躍される事と思います。また湯布院映画祭に来て下さるといいなぁ。



b0216495_14523281.jpg
昨日の「0.5ミリ」の上映前にはすごい人で、入場待ちの列も長く出来ていました。
今回改めて思ったのは、町内のお客様が少ない事。素晴らしい映画の上映があるので、是非地元のお客様にも来ていただきたいです。しかも、今回町内の小・中・高校生は、一般上映作品は無料だったそうです。(これは、私も当日ラヂオを聞いて知りました)
また来年もこのような制度や割引制度があるといいですよね。
日本映画といっても、メジャー作品ではなく上質な物や、昔の傑作を大画面で観る事の出来る湯布院映画祭。夏の終わりの大好きな祭り、ずーーっと続いて欲しいです。




湯布院映画祭でアーゴスパンをお買い求め下さった皆様、また来年お会い出来るのを楽しみにしています.
ありがとうございました**

最後になりましたが、一昨年湯布院映画祭で作品上映された曽根中生監督が先月26日に天国に旅立たれたそうです。
ロマンポルノの鬼才と言われた監督、どんな型破りな方なんだろう?と思っていたのですが、実際お会いするととても柔らかい優しい方。
「半分だけ食べようかな?」とクリームパンを買って下さり、「半分で残すつもりだったけど思わず全部食べた、おいしいね~」とご報告に来て下さった時のお顔や、他のゲストの方々とカチンコを触りながら映画のお話をされていた時のキラキラした目が忘れられません。(その時はアバンギャルドと評されていた事が窺えました)映画が好きで好きでたまらない気持があふれていた監督。76歳とまだお若かったのに・・・。
ご冥福をお祈りいたします、天国でもいっぱい脚本書いて、たくさん映画撮って下さい。
[PR]

by a-gosse | 2014-09-01 15:24


<< こもれびとそよ風とマルシェ♪      こもれびとそよ風とマルシェ** >>